色彩の不思議

色彩には様々な効果がある。

まず、暖かな色に冷たい色。

可愛い色にかっこいい色。

春の色に、秋の色。

このように色の雰囲気を誰もが同じように感じる色もあれば、

一方の人には汚い色に見えても、もう一方の人にとっては綺麗な色に見えることもある。

また、色は、そのときの人の感情に左右される。

恋をして、とてもハッピーな時はピンク。

でも、失恋して落ち込んでいるときは、ブルー。

色は人の感情と密接に関わっているのだ。

あなたの好きな色は何色ですか?

今の自分に問いかけてみよう。

好きな色もその時の感情によって、変化するものだから。

 

大鵬薬品工業

1963年(昭和38年)6月、大塚グループと、日本主要卸業者49社の出資により設立された。開発系の医薬ベンチャーとして知られており、「フトラフール」、「ユーエフティ」。「ティーエスワン」などの医家向けの抗がん剤においてトップシェアを誇っている。このほか、「チオビタドリンク」や「ソルマック」などの一般向けのヘルスケア品の製造・販売も行っている。

セロハンテープで知られるニチバンの要請により資本参加し、現在法人で筆頭株主である。また、1974年に経営破綻した近江兄弟社の再建を成功させている。

オカリナ

初めて知った事だが、オカリナの名前の由来はイタリア語で「がちょう」なのだそうだ。

確かに鳥の形に似ているな、とは昔から思っていた。

イタリアや日本においては、名称から類推される通りの涙滴状の形をしたものが一般的だが、世界的に見れば丸形や角形などのオカリナも存在している様だ。

さらに、指穴の数や配置も決まっているわけではなく、6個から13個程度の指穴を持つオカリナが多い。このように外形だけでなく指穴の数や配置まで比較的自由に変更できるのは、後述の発音原理が関係している。

オカリナは手で持って演奏する楽器であり、音高を変えるためには指穴を指で塞がねばならないので、持ちやすさ、より良い音、楽しさなどを求めて様々の形態が生み出されてきたのである。

材質もまた様々で、プラスチック製のものも見られるが、素焼きの陶器で作られているものが多く、比較的容易に自作することもできる。

ワビサビはどこから来たのか

侘に関する記述は古く万葉集の時代からあると言われているが、「侘」を美意識を表す概念として名詞形で用いる例は江戸時代の茶書『南方録』まで下り、これ以前では「麁相」(そそう)という表現が近いが、千利休などは「麁相」であることを嫌っていたから必ずしも同義とは言い難い。「上をそそうに、下を律儀に(表面は粗相であっても内面は丁寧に)」(山上宗二記)。

強いて言えば「priceは高くないが、qualityは高い」という概念になろうか。茶の湯では「侘」の中に単に粗末であるというだけでなく質的に(美的に)優れたものであることを求めるようになったのである。この時代、「侘び」の語は「侘び数寄」という熟語として現れる。

コーエン兄弟

コーエン兄弟はカンヌ国際映画祭の常連であり、『バートン・フィンク』(1991年)で同映画祭初の主要3部門(パルム・ドール、監督賞、男優賞)を制覇したのを皮切りに、『ファーゴ』(1996年)、『バーバー』(2001年)でも監督賞をそれぞれ受賞している。また、『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(2013年)で審査員特別賞を受賞している。『ノーカントリー』(2007年)では同年度のアカデミー賞で作品賞を始めとする計4部門を受賞。名実ともに現代のアメリカ映画界を代表する巨匠として注目を集める存在である。

週刊現代の加藤編集長時代

2006年に、保守派の加藤晴之が編集長に就任し、現代の論調は大きく変化した。食肉利権の内情や、大相撲の八百長疑惑などのスクープが見られたが、2年弱の在任中に部数が激減したばかりか、多くの名誉毀損訴訟を抱え、後に過去最高額の損害賠償を命じられる結果となった。加藤晴之自らがテレビ、ラジオ等に出演することもあった。「愛と勇気の」といった自画自賛的なキャッチフレーズも登場した。

2006年春に誌面リニューアル。表紙を一新し、ヌードグラビアを自主規制した。その際大橋巨泉の「内遊外歓」など多数の連載が唐突に打ち切られ、「内遊外歓」の最終回ではその事情が明かされた。(巨泉は加藤が週刊現代を去った2008年10月から新たな連載をスタートさせている)

2006年3月25日号で、格闘技イベントPRIDEを主催するDSEとフジテレビと暴力団の関係についての記事を掲載。6月にフジテレビはPRIDEの放送の契約解除を発表した。DSEは4月に週刊現代を名誉毀損で提訴し、フジの放送契約解除を受けてイベント興行に関する損害賠償請求訴訟、さらに刑事事件として威力業務妨害罪で告訴すると発表した。しかし、損害賠償請求は提訴されることなく、2007年にDSEは外国人(他団体「UFC」のオーナー)が中心となる新会社にすべての権利を売却することを決定。実質的に同社は消滅した。

深海祭り

ヨコハマおもしろ水族館で第3回深海祭りin赤ちゃん水族館が開催されるそうです…。

 

昨年11月に「焼津の深海おじさん」こと長谷川久志さんが名誉館長に就任したことで有名ですよね。

今回は長谷川久志さん・一孝さん親子と共に春の特別企画としてイベント化されています。焼津の深海おじさんによる深海ザメの解体ショー&トークショー、深海魚漁師&飼育員による館内探検ツアー、オオグソクムシや深海ザメなどの「深海生物おもしろ試食体験」……んっ?他には深海生物に触れることができるタッチコーナーが用意されているそうです。

 

スルー仕掛けましたが、オオグソクムシや深海ザメの試食体験??何を言っているのかさっぱりですよ??

オオグソクムシは揚げ物にされるそうです。あぁ、揚げ物なら小さく切ったり衣がついてたり…してない!!衣もつけず切らずに素揚げ!!まんまオオグソクムシ!!これはなかなか視覚的ダメージでかいですよ…!甲殻類らしいので多分エビやカニのような感じなんでしょうけど…グソクムシかわいいーとか思ってますけどこれはさすがに…駄目でしょう!!

エビフライみたいなの想像してたんでちょっとショッキングでしたよ…!

5秒ルールは存在した

食べ物が床に落ちても5秒以内に拾って食べれば大丈夫大丈夫。

いわゆる「5秒ルール」に科学的な根拠があるかもしれないという研究結果を、イギリスのアストン大学が発表しました。

 

同大学では、トースト・パスタ・クッキー・キャンディーを、さまざまなタイプの床(カーペット、ラミネート、タイル)に3~30秒接触させて、大腸菌とブドウ球菌がつくかを調べました。

その結果、床から食べ物への細菌の移動は、接触時間によってされたりされなかったりと変わることが分かりました。また、床のタイプによっても違いがあり、水気のある食べ物の場合、接触時間が5秒を超えると、ラミネートやタイルの床では細菌が移りやすく、カーペットの床では移りにくいという結果が。カーペットだと毛があることがやっぱ重要なんですかね。タイルだとぺちょって全部くっついてしまうような感じですし。

 

床との接触時間が細菌の移動に影響するというのは、5秒ルールの裏付けとなりそうです。

ただし教授は「床に落ちたものを食べるのは、そのとき床にいた細菌の種類によってはリスクがある」としており、食べない方が安全とのこと。そりゃあ間違いないぜ教授。

とはいえ今回の研究結果は、これまで5秒ルールに従ってきた人をいくらか安心させることが出来ると思いますよ!自分も5秒とか3秒とか言って落としてしまったポテチバリバリ食べてますからね…。

それに加えて「大丈夫!科学的根拠あるから!」って付け加えることが出来るんですから。やったぜ

魚が車を運転

画像認識技術を提供しているオランダのStudio diipという会社が、魚が運転できる車を開発しました。

ん、どういう意味だって?つまり魚が車を運転するんです。何を言っているのか分からないと思いますが、魚が車を運転しているんです。

 

4輪が付いた水槽の中には、1匹の金魚。なんと金魚が泳ぐ方向に合わせて水槽が走っているのです。実は水槽の上にある小型カメラが水槽のどこに金魚がいるかを検知し、水槽カーを金魚が向かう方向へ動かしているんです。

凄いですね!でもなんで金魚なんでしょう。

 

これが実装されたら、エサよこせよーってこっちに水槽車イン金魚がくるんでしょうか。なんか微笑ましいような気も…。

でもこの技術って何かに応用できないですかね?目線を動かせばその方向に移動とか…よそ見厳禁になりますけど

ウソ

毎年4月1日になるとウソに全力なネット業界ですが、エイプリルフール向けに面白法人カヤックがウソを販売しています。

ウソを販売しています?

でも、お高いんでしょう?

 

Twitterなどでつぶやける程度のウソを制作する「140文字のウソコース」(4万1000円)

Webサイトの制作をする「ささやかなウソコース」(100万円~)

企画はもちろんWebサイト制作やPR施策までやってしまう「真っ赤なウソコース」(200万円~)

さらに豪華版の「超リッチなウソコース」(300万円~)とコースもさまざま。

 

リッチなウソって何ですか?カヤックさんは本当にこういうことに本気ですよね…!

今までも「ベッド型スマホを開発」「大仏が立った」というウソをサラッと言う上に「自社サイトをウソで埋め尽くす」「4/1限定で経歴詐称OKの求人」「他社のエイプリルフールのウソを勝手に実現」という事すら平気で取り組むようなところでした。

 

人生楽しんでんな…。

でもこんな会社ならばクオリティは凄まじいものでしょう。商売にしようとしているレベルですからね。

 

エイプリルフール、なにか悪だくみをしている方々。ここにウソが売ってますよ